低用量ピルとは?

困ったら精力剤

低用量ピルとは?

低用量ピルとは、なんなのかすぐに答えられますか?低用量ピルとはいわゆる避妊薬のことを指します。略してピルという風に呼ばれることが多いです。


しかし、ピルと一口に言っても種類がいくつかあり、それぞれ効果や使い方が異なります。間違った使用の仕方をしてしまえば、身体に大きな悪影響を与えてしまう可能性もあるため、しっかりとピルを理解してから使用するようにしましょう。


まず、ピルの種類は大きく分けて3種類あります。まず「低用量ピル」、そして「モーニングアフターピル」、最後に「中用量ピル」。この3つに分けられます。それぞれどう違うのか説明しましょう。


まず低用量ピルというのは毎日欠かさず飲むことで避妊効果を発揮するものを指します。避妊成功率はコンドームよりも高く、98%ほどと言われています。


次に、モーニングアフターピル。こちらは緊急避妊薬と言われ、レイプやコンドームが破れたなど不意に妊娠の可能性ができてしまった後に服用することで避妊するというものになります。こちらは低用量ピルに比べて避妊成功確率も絶対というには低く、身体への影響も大きいため、その名の通り緊急用のピルです。


最後に中用量ピルですが、こちらは前2つの中間に位置する量のピルで現在では使われる頻度の低いものとなります。


日頃から避妊として使用する場合は、低用量ピルを使用しましょう。